性病クラミジア検査 クラミジアとは クラミジアの症状 クラミジアの治療 都心で感染者が増えている「欧米型」のB型急性肝炎

性病クラミジア検査

クラミジアかも・・・でも病院には行きたくないという人のために郵送クラミジア検査

都心で感染者が増えている「欧米型」のB型急性肝炎

性病クラミジア検査:名前なしの匿名で受ける性病クラミジア検査

クラミジアとはクラミジアの症状クラミジア対処法クラミジア予防法

性病検査 STDチェッカー

自宅でできる性病検査。自分でとって送るだけ。お好きなIDとパスワードで申込み。名前なしでの検査です!検査結果はインターネット(パソコン・携帯)で確認できます。

性病検査体験談

性病かも・・・でも病院には行きたくない。そんな人のために自宅でできる郵送性病(クラミジア,淋病,エイズなど)検査は開発されました。


性病クラミジア検査

     

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ

肝臓は予備能力が高く、日常では全体の20%程度しか使われていないため、慢性肝炎や、肝硬変になっても自覚症状が出ないことが多いことから、「沈黙の臓器」と呼ばれています。このことを正しく認識し、B型肝炎ウイルスに感染している可能性のある場合は、症状がなくてもきちんと検査を受け、自分の体の状態を知ることが大切です。

B型肝炎ってどんなもの?
B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスにより起きる、肝臓の病気です。肝炎になると、肝臓の細胞が壊れて、肝臓の働きが悪くなります。急性肝炎として数ヶ月で治る場合もありますが、慢性化した場合は、肝硬変や肝臓癌へ進行することもあるので気をつけないといけない病気です。

現在の日本では、母子感染や輸血時の感染については、国として対策がとられています。
しかし、性行為に伴う感染については、特に若年層での感染が拡大する傾向にあります。

皆さんがよく聞く話では、「海外旅行に行って性行為により感染した」と言う話ではないでしょうか。全世界で見ると、B型肝炎ウイルスの持続感染者は3億5千万人おり、総人口の約6%に相当します。実は治った人まで含めると、感染歴のある人は総人口の約30%にものぼります。地域的に見れば、中国や東南アジアにおいては人口の8~10%が持続感染者だとされており、日本での持続感染者は人口の約1%、数にして100万人以上いると言われています。


欧米型のB型急性肝炎が急増している
今回は、日本、特に都心部で広がる欧米型のB型急性肝炎についてです。
今までは、性行為などでの感染ではほとんど慢性化しない、と一般的に言われていましたが、最近、慢性化しやすいタイプ(欧米型)のB型肝炎ウイルスに感染する人が、特に都市部で増えてきていることが厚生労働省の解析でわかってきました。この欧米型のB型急性肝炎についてですが、従来との違いは慢性化する率が高いことです。従来日本では、B型急性肝炎に感染して慢性化する率は1%以下と言われていましたが、欧米型では10%が慢性化すると言われています。慢性肝炎になった場合、約30%が肝硬変に、そして肝硬変の30%が肝がんになると言われています。

では、なぜ欧米型のB型急性肝炎が日本で増えてきているのでしょうか。
外国人から持ち込まれたことが最初だと考えられますが、実際に感染した人の問診では、大半が性交渉のパートナーは日本人である、と報告されています。
これは日本人の間で欧米型ウイルスがすでに定着し、感染が広がっていることを示しています。地域的に見ると、欧米型の感染頻度は地方では10%前後ですが、関東で発生頻度が高く、特に新宿近郊や横浜などでは50%前後を越える地域があると報告されています。


やはり予防が大事です
B型肝炎ウイルスは、エイズウイルスやC型肝炎ウイルスより感染力が高く、感染者本人が気づかない程度であっても、炎症がある場合には精液や体液、分泌物の中にごく微量の血液が混入することがあります。アナルセックスや生理中の性行為など、出血や粘膜のキズができやすくなる性行為は感染の危険度が高くなります。性行為による感染予防には、コンドームの使用が一番です。

一般的に感染を予防するには、以下のことがあげられます。
● 歯ブラシ、カミソリなど他の人の血液が付いている可能性があるものを共用しない
● 他の人の血液に触るときは、ゴム手袋を着ける
● 注射器や注射針を共用して、非合法の薬物(覚せい剤・麻薬)の注射をしない
● 入れ墨やピアスをするときは、清潔な器具であることを必ず確かめる
● よく知らない相手との性行為には、必ずコンドームを使用する

それ以外ではB型肝炎ワクチンの接種も有効です。
パートナーが持続感染者の場合は、コンドームの使用に加えてワクチン接種が勧められています。日本では性風俗に従事する人の間で、ワクチンを接種する人が増えてきていると言われています。

性病検査専門サイト
性病ニュース
都心で感染者が増えている「欧米型」のB型急性肝炎
スポンサーサイト

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://stop0std.blog12.fc2.com/tb.php/91-b5d09982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。