性病クラミジア検査 クラミジアとは クラミジアの症状 クラミジアの治療 エイズ・HIV、知っているようで知らない病気

性病クラミジア検査

クラミジアかも・・・でも病院には行きたくないという人のために郵送クラミジア検査

エイズ・HIV、知っているようで知らない病気

性病クラミジア検査:名前なしの匿名で受ける性病クラミジア検査

クラミジアとはクラミジアの症状クラミジア対処法クラミジア予防法

性病検査 STDチェッカー

自宅でできる性病検査。自分でとって送るだけ。お好きなIDとパスワードで申込み。名前なしでの検査です!検査結果はインターネット(パソコン・携帯)で確認できます。

性病検査体験談

性病かも・・・でも病院には行きたくない。そんな人のために自宅でできる郵送性病(クラミジア,淋病,エイズなど)検査は開発されました。


性病クラミジア検査

     

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ

あらゆる性行為によって感染する恐れがあります。
「あらゆる性行為」とは、セックス、フェラチオ、アナルセックス・・・いろいろあるけど、今までの経験で不安な方も多いのではないでしょうか。でも、具体的に何をどうやったらうつるのかわかんない・・・この夏は、アナタの周りも危険がいっぱい!?

何をどうやったらHIVがうつるの?
HIVは輸血による感染や母子感染などもありますが、今回は性行為による感染について詳しく説明したいと思います。

基本的には、HIVを含む血液、精液、膣分泌液などの体液が、相手の粘膜部分(主に口の中、ペニス、尿道、膣、直腸など)や傷口などに接触することで、感染の可能性が出てきます。また、汗、涙、唾液、尿、便などの体液の接触による感染の可能性はありません。
では、あらゆる性行為ごとに説明します。
(男性性器をペニス、女性性器をヴァギナと表現します。)

1.フェラチオ(女性または男性が、ペニスを口や舌で愛撫すること)
●ペニスをなめる側・・・口内に射精されたりそれを飲んだ場合
口内などの粘膜と、HIVを含んだ精液が接触することにより、HIVに感染する可能性が出てきます。すぐに吐き出したり、うがいをすることにより感染の可能性を下げることができると考えられます。また、先走り液により感染したとの報告はありませんが、先走り液にも精液が含まれていますので、感染の可能性がないとは言えません。

●ペニスをなめられる側
相手の唾液から自分のペニスや尿道へ感染することはありません。
ただ、相手の口内の傷からHIVを含んだ出血がある場合は、その血液によって尿道などから感染する可能性があります。

2.クンニリングス(男性または女性が、ヴァギナを口や舌で愛撫すること)
HIVを含む膣分泌液から、口や舌などの粘膜へ感染する可能性があります。
特に月経時は血液に多くのHIVを含みますので注意してください。

3.セックス(ペニスをヴァギナに挿入すること)
女性のHIVを含む膣分泌液から、男性のペニスや尿道の粘膜へ感染する可能性があります。月経時は血液に多くのHIVを含みますので注意してください。男性のHIVを含む精液から、女性の膣などの粘膜へ感染する可能性があります。
先走り液にも精液が含まれていますので膣外射精でも注意が必要です。女性の場合、膣は面積が広いので、男性より感染の可能性が高いと考えられています
。更に、クラミジアなどに感染していると炎症が起こり、感染の可能性が高くなります。
(クラミジア感染症は8割以上の人に症状が出ない、と言われていますので特に気をつけてください。)

4.アナルセックス(ペニスを肛門へ挿入すること)
●ペニスを挿入される側
直腸内で射精された場合、HIVを含む精液によって、直腸から感染する可能性が出てきます。その場合、すぐに大便をするか浣腸で排出することにより感染の可能性は下がると考えられます。

●ペニスを挿入する側
相手の肛門や直腸からHIVを含んだ出血がある場合、その血液から尿道などへ感染する可能性があります。
直腸は傷つきやすく出血しやすいところですので、する側もされる側も気をつけてください。

5.リミング(肛門を口や舌で愛撫すること)
なめる際に肛門に出血がなく、膣分泌液や精液が付着していなければ、HIV感染の可能性はありません。

6.キス
キスによりHIVに感染したという報告はありません。唾液にはHIVはごく少量しか含まれていないので、一度にバケツ何杯もの唾液を飲まなければ感染しないと言われています。ただし、口内にHIVを含んだ出血がある場合は感染の可能性が出てきます。

7.手での行為
HIVを含んだ精液や膣分泌液を手で触っても、皮膚から感染することはありません。ただし、それが間接的に口などの粘膜に触れることがあれば感染することもありますが、その可能性は低いと考えられています。

上記に数点挙げたのは、あくまでも相手がHIVに感染している場合のことですが、相手が感染している可能性がないとは言えませんので、上記のあらゆる性行為においてコンドームを使用されることをおすすめします。また、性行為の後におしっこをしたり、シャワーを浴びたり、うがいをすることが性感染症の予防に効果があるとも考えられています。




性病検査専門サイト
性病ニュース
エイズ・HIV、知っているようで知らない病気
スポンサーサイト

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ

コメント
この記事へのコメント
はじめまして♪
はじめまして~!

2007/05/24(木) 09:44:03 | ペ・マン | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://stop0std.blog12.fc2.com/tb.php/56-84f998bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。