性病クラミジア検査 クラミジアとは クラミジアの症状 クラミジアの治療 HIVのNAT検査を受けました

性病クラミジア検査

クラミジアかも・・・でも病院には行きたくないという人のために郵送クラミジア検査

HIVのNAT検査を受けました

性病クラミジア検査:名前なしの匿名で受ける性病クラミジア検査

クラミジアとはクラミジアの症状クラミジア対処法クラミジア予防法

性病検査 STDチェッカー

自宅でできる性病検査。自分でとって送るだけ。お好きなIDとパスワードで申込み。名前なしでの検査です!検査結果はインターネット(パソコン・携帯)で確認できます。

性病検査体験談

性病かも・・・でも病院には行きたくない。そんな人のために自宅でできる郵送性病(クラミジア,淋病,エイズなど)検査は開発されました。


性病クラミジア検査

     

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ

不安行為後14日目にして、HIVのNAT検査を受けました。陰性の場合はほぼ100%感染していないと考えてよろしいのでしょうか?医師にはそのように言われましたが。


NAT検査は、核酸増幅検査のことをいいます。
わかりにくいかもしれませんが、HIVの遺伝子を増幅させることで、HIVに感染しているかどうかを調べる検査をいいます。

一般的に行われている検査は、HIV抗体検査、約6週~8週後に行います。それに比べ、NAT検査は、感染初期の段階でも行うことができます。

医師のアドバイスは適切なものです。不安であれば、期間をあけてHIV抗体検査も希望してもよいかと思います。
スポンサーサイト

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。