性病クラミジア検査 クラミジアとは クラミジアの症状 クラミジアの治療 クラミジアと不妊症

性病クラミジア検査

クラミジアかも・・・でも病院には行きたくないという人のために郵送クラミジア検査

クラミジアと不妊症

性病クラミジア検査:名前なしの匿名で受ける性病クラミジア検査

クラミジアとはクラミジアの症状クラミジア対処法クラミジア予防法

性病検査 STDチェッカー

自宅でできる性病検査。自分でとって送るだけ。お好きなIDとパスワードで申込み。名前なしでの検査です!検査結果はインターネット(パソコン・携帯)で確認できます。

性病検査体験談

性病かも・・・でも病院には行きたくない。そんな人のために自宅でできる郵送性病(クラミジア,淋病,エイズなど)検査は開発されました。


性病クラミジア検査

     

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ

クラミジアの感染者数については16人に1人とか言われているけど、本当にそんなにいるの?・・・実は、もっとたくさんの人が感染している可能性がある報告が最近出されました。

クラミジアのやっかいな点は、痛みなどの症状がでにくいから、知らない間にうつってしまい、体をだんだん蝕んでいくことです。

更に増えるクラミジア感染者数
厚生労働省研究班の調査では、クラミジアの感染者数は日本国内に100万人いると推計しています。全世界での新規感染者数は年間10億人にのぼりますが、先進国の中で唯一、日本だけがHIV(エイズウイルス)同様にクラミジアの感染者数が増えているという状況です。高校生1~3年生5,700人を対象に行った、最近の調査結果では、性経験者のうち男性は6.7%、女性では13.1%、全体では10.6%がクラミジア陽性との報告が出ました。つまり、性経験のある女子高生では約8人に1人が感染している、との結果となっています。

クラミジアの感染に気がつかないでいると
クラミジアは早い時期に感染がわかると、抗生剤を1日~1週間服用することにより大半は完治することができます。しかしながら、発見が遅れると大変なことになる場合が少なくありません。
女性への感染の場合、クラミジアという細菌は性行為などにより男性の精液等とともに膣に排出され、膣と子宮を結ぶ子宮頸管という子宮の入口部分に感染します。すると、感染後1~3週間で子宮頸管炎をおこし、速やかに子宮を経て腹腔内(おなかの中)に感染が広がり、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎などをおこします。おりものの増加や不正出血、下腹部痛などの症状がありますが、大半の人は症状を自覚しないまま病気が進行してしまうことが多いと言われています。

不妊症の多くはクラミジアが原因?
クラミジアは感染する場所によりさまざまな症状をおこしますが、女性の方が特に不安に感じるのが卵管炎をおこして不妊症になる可能性ではないでしょうか。ちなみに、妊娠中の方へは、妊婦健診としてクラミジアの検査は行われています。
卵管に異常を示す不妊症患者のうちクラミジアの抗体保有率は42.5%、卵管に異常を認めない不妊症患者のクラミジア抗体保有率は29.1%、との報告もあります。このようにクラミジアは不妊症との関連性が高いと考えられています。
クラミジアの影響が卵管に及ぶことにより、卵管の細胞が損傷したり癒着がおこったりします。卵管内にうみなどが溜まることもあります。卵管がせまくなることにより受精卵の輸送が阻害されてしまい、最悪の場合は卵管が閉鎖して妊娠が不可能ということになります。
今、一番心配されることは、クラミジアは特に10~20代の若い世代で感染が広がっていることです。知らない間に感染し気がつかないまま体を蝕んでしまうため、早期発見・早期治療ができずに不妊症の方が増加してしまうことが、医療関係者の間でも懸念されています。
また、クラミジアに感染していると子宮頸管などが炎症をおこしているため、そこからHIV(エイズウイルス)に感染する確率が3~5倍になると言われています。




性病検査専門サイト
性病ニュース
クラミジアと不妊症
スポンサーサイト

性病検査専門サイトクラミジア検査-悩み専科性病コミュニティ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://stop0std.blog12.fc2.com/tb.php/49-3a0d55de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 --------------------------------------------------------------- 【ニュース】 増加する性感染症(STD)感染者、早期発見・早期治療が大切! --------------------------------------------------------------- ◆性行為によって感染する性感染症(STD)感染者
2005/11/06(日) 03:19:53 | 不妊症治療を明るく克服!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。